バイアグラの後継者との呼声高いインドのカマグラをご紹介します

バイアグラによるED克服

98年に日本国内の成人男性を対象として勃起不全に悩まされている推定患者数を導き出すため調査が行われました。
この調査結果から男性5人の内に2人がEDという驚愕の事実が明るみになりました。
最近勃たなくなってきたりひょっとしたらと少しでも思ったら早めの対策を取る様に考えましょう。
理由としてセックスに対して不安を抱くと自ら行為自体を敬遠してしまいお互いのセックスレスに繋がり結果的に心に傷が付いてメンタル要素に影響を与え症状が悪化し厄介な状況になりかねなくなるからです。
しかしEDに悩まされているなんて人に相談出来ないかと言って病院に行くのも恥しいという方には専門療法の1つにED治療薬を使って症状を改善させる方法も選べます。
現代のED治療薬として最も人気が有り共に認知度も高いのがバイアグラです。
バイアグラは90年代に元々は狭心症の治療薬として開発がされておりましたが臨床試験を繰り返す内に勃起促進の作用がある事が判明し、路線を変更し研究が進められました。
98年にアメリカで発売が開始され日本では1年後の99年に認可が下され今まで約18年もの間人気の衰えを知らず最も歴史の長いED薬でもあります。
バイアグラは保険の適用外の為診断から処方までの全てを自己負担での診療となり多額の費用がかかる事で治癒を諦めてしまう患者も多くいましたが、先発薬の特許が切れた後に開発費を抑えながらにして安価で新薬と全く同等の有効成分と効き目があるカマグラと呼ばれるジェネリック薬が登場しました。
カマグラは先発薬と比べて1錠辺りの単価が10分の1になっており金銭面で考えている方には有り難いですね。
さらにタイプも様々な形で販売がされておりゼリーや発泡剤、チュアブルタイプがありそれぞれ味や形が変わってきて体内へ吸収される速度も違ってくるので効果による違いも少しは感じられる様です。
ED治療薬に限らずジェネリック医薬品はカマグラの他にも沢山の種類が販売されており使用者本人の体調や体質により効果の実感には個人差がありますので使用したい場合には必ず医師に診断してもらい自分に見合った薬を選ぶようにしましょう。